未分類

我慢できなければ

勘違い客の中に、ナルシストなお客様や説教好きなお客様といった、多少厄介なお客様というのが多く存在してきます。他には、女性経験がかなり少ない、下手をすれば風俗以外で女性と接したことのないお客様というのも勘違い客の中に含まれてくるでしょう。女性に対して不器用なのはバレバレなのですが、それを隠そうとして虚勢を張ったり、さらに女性の扱い方をよく知らないので触り方が強すぎたりして困らせられることも多いようです。こういったタイプのお客様の対策方法は、女性経験が足りないなと思ったらヨイショしつつ、上手にプレイをリードしてあげるのが大事になります。

 

たとえば、愛撫が強すぎると思ったらイラッとするのではなく、優しくしてもらうようにお願いしつつ、かかる力が弱くなったら喘ぎ声を大げさに出すという感じでお客様を教育すればいいのです。相性が良いと演出してあげることで、本指名のお客様に育ってくれる可能性が高くなる可能性は高くなります。後、ヘルス系のお店では絶対にやってはいけない本番行為があるのですが、それにも関わらず誘ってくるお客様というのはやはりいます。これに関しては、ちょっとジョークっぽく誘ってくるときは空気を悪くしないで、軽くかわす感じがいいかもしれません。多くのお店では本番強要行為への対応が必ずマニュアル化されていますので、しっかりそれを参考にすればいいかと思われます。ちなみに、本気でしつこく本番行為を誘ってくる人やルールを破る人は、その段階でお客様ではなくなると思っていいでしょう。

 

最後に、女性によってはいくらでもヨイショなんて簡単にできる人もいれば、女性経験のないお客様をうまくリードすることなら何ら問題ないという人もいるはずです。
逆に、「このタイプだけは絶対に体が受け付けない」というお客様も女性ごとに変わってきます。そういう場合には、NG客にするのも選択肢の一つでもあるのです。
対策方法がわかっていても、どうしても受け付けられないタイプのお客様ばかり接客しているとメンタルにきてしまいます。追い込まれる前に、苦手なタイプはNG指定にして全く問題はないです。

 

たとえば、一般のお店の店員なら他の人に変わってもらうなどいくらでも対応ができますが、この業界のお仕事は二人っきりになりますので回避がしづらいものでもあります。
苦手なタイプのお客様ばかりで仕事に出るのが憂鬱と出勤をためらうようになったり、目標に到達してないのに早めに足を洗ってしまうという方がよほど損だと感じます。
結局は、上手にお客様を転がして本指名でリピートしてもらったり、ロングコースで入るように誘導するなど、自分の稼ぎにプラスがあるように働くことが一番の働き方となってくるはずです。なので、お給料に関してはシビアにならなくはいけません。かならず働く前に求人情報でバック率を確認しておきましょう。掲載していない場合には、お店に問い合わせて、はっきりさせておくことが大事です。自分の大事な身体を商品にするのです。バック率なるべく高いお店を探すようにしましょう。

ナルシストや説教

風俗店に来るお客様の中に、勘違い客と呼ばれる女性にとっては少し扱いづらいお客様が多くやってきます。
やはり、どこの業界でも厄介なお客様というのは存在しており、それ以上に風俗に来るお客様は厄介だといえるでしょう。
ですが、そういったお客様に対してスルーばかりしていても一向に高収入というものは得られないように思えます。
そこは上手に割り切って、上手く扱えるようになってやっと高収入が稼げるのではないでしょうか。
そこで大事になってくるのが、タイプ別できちんと対策をしておくということになります。

 

たとえば、ナルシスト系のお客様というのが存在してきます。
「俺の事を好きになっただろ」、「俺のテクニックで感じただろ」、というような自信過剰というか勘違いしきっているお客様はやはり多く存在してくるのです。
そういったお客様をスルーするのは簡単なことですが、こういうタイプは男性の扱いに慣れている女性にとってはとても簡単だといわれています。

 

ナルシストのお客様の心理というのは、どこにでも根拠のない自信を持っているものです。
場合によっては、自分では自信を持っているにも関わらずあまり頷いてくれる人がいないのです。
いわゆる、風俗で会った女性などの客商売な人に、同意やヨイショを求めているということになるのです。
やはり、人間は誰でも自分のことを認めてくれる人のことが大好きですから、上手にヨイショをしてあげればコロっと良いお客様になって、バンバン本指名をしてくれる可能性が高いということがいえます。
中には、自分のテクニックを過信して本番行為を求めてしまう人もいますが、もちろんそこはヨイショするだけにして優しく断ってあげることも大事になります。

 

次に結構多いパターンなのが、風俗でお客様として入ってきて接客しているのに何でこの仕事しているのかと質問してきたり、挙句にはその仕事を否定するような上から目線で説教をしてくるお客様というのも意外に多いのです。
ハッキリ言って、余計なお世話だというのが女性の本音ではないでしょうか。
こういう説教をする人は、普段の生活の中で威厳を見せたり、人に意見を言って聞いてもらえる環境にない寂しいタイプといって差し支えないでしょう。
ある意味可哀想なタイプなのは間違いありません。

 

こういったタイプの対策は、説教や無神経な質問に対して解答するために、お客様用の嘘の解答や応援したくなるような解答を用意しておき、それで応対するというのが楽なやり方でもあります。
たとえば、夢のためにお金を稼がなくてはならない、妹や弟のための学費を稼がなくてはならない、といった相手がなかなか言い返せないような解答を用意してくだけで全然楽になってくるのです。

勘違い客は多い

最近、風俗店で働き始める女性というのは多くなっているのではないかと思われます。
結果、多くはなっていなくても減っていないというのは誰から見てもわかることでもあるはずです。
その理由に、店舗型の風俗店は少なくなっているものの、それ以上に出張型のお店がどんどん増えていっているからです。
お店が増えているということは、当然のように働く女性も増えていっているということになります。
風俗のお仕事というのは高収入がウリとなるお仕事なのですが、働く女性が多いということはその分ライバルも多いということです。
そのライバルよりも多く稼ぐとなれば、お客様を上手に扱うというのが大事なことになってきます。
そこで、風俗に通っているお客様の中には、どうしても風俗嬢がちょっと眉をひそめるようないわゆる勘違い客といわれる人たちもいます。

 

たとえば、女性が対価のある仕事として頑張ってやっているのに、「俺に惚れたね」と言うようなお客様だったり、上から目線で説教をするような人を想像していただければわかるかと思われます。
そもそも、どうしてそんな勘違い客が生まれてくるのか気になるところでもあります。
どうして女性が自分に惚れていると思えたり、威張ったりと変な人が多いのだろうと呆れることもあるかもしれません。
昔は、「疑似恋愛」の対象というとキャバクラなどの水商売の女性が多く、風俗の女性には快感を求めるというスタイルが定番でした。
最近の風俗は以前にも増して疑似恋愛的なコンセプトのお店が増えており、それがトレンドとなっているということに繋がっているのです。

 

そういう疑似恋愛プレイでかわいい女性に愛想よくされてばかりいると、次第に判断基準がくるってしまうというのはよくある話なのです。
そして、人間は仲が良い関係なら、一緒に食事をしたり裸の付き合いになります。
逆にいえば、仲良くなりたいなら一緒に食事をしたりお風呂にいったりすればいいという考えになってきます。
これに関しては、仕事で仲良くなりたい人を接待する理由でもあります。
要するに、女性と裸の付き合いをすると勝手に「この子は自分のことが好き」といった、仲が良い間柄と誤解しやすくなってしまうのです。
ですので、つい普段は隠している地がでやすいという環境だといえるのです。

 

そして、ネットには風俗嬢とおぼしき人たちによる「勘違い客」に対する愚痴が多く掲載されているのを見かけます。
ですが、この業界の仕事に限らず飲食店でも接客などをしていれば、本当に理想的なお客様は実は少く、みんな人間ですから何かしらのクセはあるということは当然のことです。
まともに真正面から受け止めずうまく転がす、そして逆手にとって稼ぎに繋げるように頭を切り替えていくのがとても賢い働き方ではないかと思われます。