我慢できなければ

勘違い客の中に、ナルシストなお客様や説教好きなお客様といった、多少厄介なお客様というのが多く存在してきます。他には、女性経験がかなり少ない、下手をすれば風俗以外で女性と接したことのないお客様というのも勘違い客の中に含まれてくるでしょう。女性に対して不器用なのはバレバレなのですが、それを隠そうとして虚勢を張ったり、さらに女性の扱い方をよく知らないので触り方が強すぎたりして困らせられることも多いようです。こういったタイプのお客様の対策方法は、女性経験が足りないなと思ったらヨイショしつつ、上手にプレイをリードしてあげるのが大事になります。

 

たとえば、愛撫が強すぎると思ったらイラッとするのではなく、優しくしてもらうようにお願いしつつ、かかる力が弱くなったら喘ぎ声を大げさに出すという感じでお客様を教育すればいいのです。相性が良いと演出してあげることで、本指名のお客様に育ってくれる可能性が高くなる可能性は高くなります。後、ヘルス系のお店では絶対にやってはいけない本番行為があるのですが、それにも関わらず誘ってくるお客様というのはやはりいます。これに関しては、ちょっとジョークっぽく誘ってくるときは空気を悪くしないで、軽くかわす感じがいいかもしれません。多くのお店では本番強要行為への対応が必ずマニュアル化されていますので、しっかりそれを参考にすればいいかと思われます。ちなみに、本気でしつこく本番行為を誘ってくる人やルールを破る人は、その段階でお客様ではなくなると思っていいでしょう。

 

最後に、女性によってはいくらでもヨイショなんて簡単にできる人もいれば、女性経験のないお客様をうまくリードすることなら何ら問題ないという人もいるはずです。
逆に、「このタイプだけは絶対に体が受け付けない」というお客様も女性ごとに変わってきます。そういう場合には、NG客にするのも選択肢の一つでもあるのです。
対策方法がわかっていても、どうしても受け付けられないタイプのお客様ばかり接客しているとメンタルにきてしまいます。追い込まれる前に、苦手なタイプはNG指定にして全く問題はないです。

 

たとえば、一般のお店の店員なら他の人に変わってもらうなどいくらでも対応ができますが、この業界のお仕事は二人っきりになりますので回避がしづらいものでもあります。
苦手なタイプのお客様ばかりで仕事に出るのが憂鬱と出勤をためらうようになったり、目標に到達してないのに早めに足を洗ってしまうという方がよほど損だと感じます。
結局は、上手にお客様を転がして本指名でリピートしてもらったり、ロングコースで入るように誘導するなど、自分の稼ぎにプラスがあるように働くことが一番の働き方となってくるはずです。なので、お給料に関してはシビアにならなくはいけません。かならず働く前に求人情報でバック率を確認しておきましょう。掲載していない場合には、お店に問い合わせて、はっきりさせておくことが大事です。自分の大事な身体を商品にするのです。バック率なるべく高いお店を探すようにしましょう。