風俗店に来るお客様の中に、勘違い客と呼ばれる女性にとっては少し扱いづらいお客様が多くやってきます。
やはり、どこの業界でも厄介なお客様というのは存在しており、それ以上に風俗に来るお客様は厄介だといえるでしょう。
ですが、そういったお客様に対してスルーばかりしていても一向に高収入というものは得られないように思えます。
そこは上手に割り切って、上手く扱えるようになってやっと高収入が稼げるのではないでしょうか。
そこで大事になってくるのが、タイプ別できちんと対策をしておくということになります。

 

たとえば、ナルシスト系のお客様というのが存在してきます。
「俺の事を好きになっただろ」、「俺のテクニックで感じただろ」、というような自信過剰というか勘違いしきっているお客様はやはり多く存在してくるのです。
そういったお客様をスルーするのは簡単なことですが、こういうタイプは男性の扱いに慣れている女性にとってはとても簡単だといわれています。

 

ナルシストのお客様の心理というのは、どこにでも根拠のない自信を持っているものです。
場合によっては、自分では自信を持っているにも関わらずあまり頷いてくれる人がいないのです。
いわゆる、風俗で会った女性などの客商売な人に、同意やヨイショを求めているということになるのです。
やはり、人間は誰でも自分のことを認めてくれる人のことが大好きですから、上手にヨイショをしてあげればコロっと良いお客様になって、バンバン本指名をしてくれる可能性が高いということがいえます。
中には、自分のテクニックを過信して本番行為を求めてしまう人もいますが、もちろんそこはヨイショするだけにして優しく断ってあげることも大事になります。

 

次に結構多いパターンなのが、風俗でお客様として入ってきて接客しているのに何でこの仕事しているのかと質問してきたり、挙句にはその仕事を否定するような上から目線で説教をしてくるお客様というのも意外に多いのです。
ハッキリ言って、余計なお世話だというのが女性の本音ではないでしょうか。
こういう説教をする人は、普段の生活の中で威厳を見せたり、人に意見を言って聞いてもらえる環境にない寂しいタイプといって差し支えないでしょう。
ある意味可哀想なタイプなのは間違いありません。

 

こういったタイプの対策は、説教や無神経な質問に対して解答するために、お客様用の嘘の解答や応援したくなるような解答を用意しておき、それで応対するというのが楽なやり方でもあります。
たとえば、夢のためにお金を稼がなくてはならない、妹や弟のための学費を稼がなくてはならない、といった相手がなかなか言い返せないような解答を用意してくだけで全然楽になってくるのです。