勘違い客は多い

最近、風俗店で働き始める女性というのは多くなっているのではないかと思われます。
結果、多くはなっていなくても減っていないというのは誰から見てもわかることでもあるはずです。
その理由に、店舗型の風俗店は少なくなっているものの、それ以上に出張型のお店がどんどん増えていっているからです。
お店が増えているということは、当然のように働く女性も増えていっているということになります。
風俗のお仕事というのは高収入がウリとなるお仕事なのですが、働く女性が多いということはその分ライバルも多いということです。
そのライバルよりも多く稼ぐとなれば、お客様を上手に扱うというのが大事なことになってきます。
そこで、風俗に通っているお客様の中には、どうしても風俗嬢がちょっと眉をひそめるようないわゆる勘違い客といわれる人たちもいます。

 

たとえば、女性が対価のある仕事として頑張ってやっているのに、「俺に惚れたね」と言うようなお客様だったり、上から目線で説教をするような人を想像していただければわかるかと思われます。
そもそも、どうしてそんな勘違い客が生まれてくるのか気になるところでもあります。
どうして女性が自分に惚れていると思えたり、威張ったりと変な人が多いのだろうと呆れることもあるかもしれません。
昔は、「疑似恋愛」の対象というとキャバクラなどの水商売の女性が多く、風俗の女性には快感を求めるというスタイルが定番でした。
最近の風俗は以前にも増して疑似恋愛的なコンセプトのお店が増えており、それがトレンドとなっているということに繋がっているのです。

 

そういう疑似恋愛プレイでかわいい女性に愛想よくされてばかりいると、次第に判断基準がくるってしまうというのはよくある話なのです。
そして、人間は仲が良い関係なら、一緒に食事をしたり裸の付き合いになります。
逆にいえば、仲良くなりたいなら一緒に食事をしたりお風呂にいったりすればいいという考えになってきます。
これに関しては、仕事で仲良くなりたい人を接待する理由でもあります。
要するに、女性と裸の付き合いをすると勝手に「この子は自分のことが好き」といった、仲が良い間柄と誤解しやすくなってしまうのです。
ですので、つい普段は隠している地がでやすいという環境だといえるのです。

 

そして、ネットには風俗嬢とおぼしき人たちによる「勘違い客」に対する愚痴が多く掲載されているのを見かけます。
ですが、この業界の仕事に限らず飲食店でも接客などをしていれば、本当に理想的なお客様は実は少く、みんな人間ですから何かしらのクセはあるということは当然のことです。
まともに真正面から受け止めずうまく転がす、そして逆手にとって稼ぎに繋げるように頭を切り替えていくのがとても賢い働き方ではないかと思われます。